山藍の小忌衣と赤糸目本友禅

二月も残りわずかとなりました。

京都では暖かい日も多く、

春を告げる梅の花も見ごろの場所が多いようです。

梅香房では3月1日より

芸医術文化復興基金助成事業の一環として

山藍の小忌衣と赤糸目本友禅

(やまあいの おみごろもと あかいとめ ほんゆうぜん)

に参加します。

山藍や日本茜は古くから霊力のある植物とされ、宮中行事や神事に使われてきました。

大嘗祭などに使われる小忌衣(おみころも)を胡粉をひいた布に山藍の摺り染めで復元。

赤糸目を復活させ、日本茜の顔料による友禅染を復活。

二つの植物と職人の力のコラボを堪能下さい。

開催期間:2021年3月1日(月) ~ 3月10日(水)
展示時間:10:00 ~ 16:00
展示会場:知恩院和順会館
主催:日本茜伝承プロジェクトチーム

ギャラリートークも予定しており、

二日間登壇いたします。

3月4日(木) 日本茜染色の工夫と魅力

3月7日(日) 赤糸目と植物顔料染料で描く友禅

いずれも14:00スタート

参加費も無料となっております。

会場でお待ちしております。